小野路球場で西東京大会の始球式をしました

 

先日の日曜日、夏の甲子園の出場権をかけた東京都高校

野球連盟主催の選手権大会、西東京大会が開幕しました。

昨年に続いて始球式をすることになったので、週末に20球も

投球練習をしたのですが、その甲斐もなく去年の始球式同様

ワンバウンドになってしまいました。

去年は、町田市内で初めて西東京大会の予選が開催された

記念すべき年でしたが、今年は、電光掲示板とスコアボード

がつきました。写真のように、カラーでメッセージを表示する

こともできます。この秋開催されるスポーツ祭東京の野球競技で

使うために設置することにしましたが、西東京大会に間に合わせようと

前倒しで整備しました。

一番良いことは、何といっても、選手の名前が判ることです。

家族や応援の高校生たち、またプレイをしている当の選手に

とっても、応援に力が入りプレイに誇りが出てきます。

小野路球場については、それでもまだ課題があります。

一つは夜間照明設備が無いことで、秋、冬の利用の利便性が

低いことです。もう一つは、観客席が2000席しかないので

観客の多い試合ができないことです。

たとえばイースタンリーグの試合を組みたいと考えても

照明設備もさることながら席数に問題があります。

実際、初戦でコールド勝ちした成瀬高校の次の試合の対戦相手は

あの日大三高です。町田市内の高校同士の試合ですが、人気カード

ですので、観客席数の大きい八王子球場でやることになっています。

小野路球場は敷地の一部が崖になっていることもあって、スタンドの

増設はちょっと難題になっているのですが、少し残念な気持ちです。

2013年 西東京大会 始球式 7月7日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年07月08日