町田市議会6月定例会 質疑から(3)

鶴川駅の東口駅前広場の拡張について
今日は、公明党会派O議員の質問への回答について紹介します。

鶴川駅の通勤通学時の混雑、あるいは駅東口交差点の交通渋滞は
長い間この地域の交通問題として、その解決が求められてきました。
質問は、「その進捗状況はどうなっているか?」ということでした。

根本的な解決策としては、駅前広場の拡張が必要です。
鶴川駅東口交差点の渋滞も、その原因の一つは駅前広場が狭い為
バスやマイカーを交通広場が飲み込めず、
尻尾が街道に出てしまうことが挙げられます。
町田市としては、現在の「小田急電鉄の駐車場」を駅前広場として
確保したいと電鉄側と交渉を始めました。
その中で、電鉄側も駅舎そのものを線路の上にもってくる
「駅舎橋上化」として解決したいと考えていることがわかっています。

鶴川駅周辺の交通をめぐる課題と駅前広場の拡張について
私の考え方を含めて主なものを列記します。
1 バスの乗降スペースを倍増して広場の交通を円滑化する。
2 東口交差点の改良(団地への左折レーンの設置)を完成させる。
3 南口に駅前広場を作り、緑山方面からのバス(当面、小型?)を回す。
(併せて、下水道の整備を進める)
4 電鉄側の交通問題への役割分担・責任を明確にし、共同で進める。
5 バス交通を迅速化して、URの鶴川団地の若者居住を促進する。
6 送迎やタクシー待機スペースなど交通の危険性を解消する。

今年度内ですぐに解決できる問題ではありませんが
どうやってスピードアップさせるか、これが一番肝心だと思います。

ロータリー鶴川駅前 027

2013年06月18日

町田市議会6月定例会 質疑から(2)

6月定例会の一般質問から、今回は民主・社民・ネット会派の
S議員からの質問についての、答弁および私の考え方です。

質問は、町田市の、と言うより「石阪市長の経済政策を問う」でした。
「商店会・商店街の振興の部分で、また、企業誘致等、経済政策について
その全体像がよく見えない、ので」というような主旨でした。
答弁および経済政策の考え方については、もっと戦略的に主張し
アピールをしていきたい、と答えました。
もとより、基礎自治体=市町村が「経済政策」をするには限界があります。
大規模な財政出動、金利・通貨政策、産業再配置計画、幹線道路・鉄道計画など
それこそ「経済政策」呼べる権限も手段も持ち合わせてはいません。
町田市ぐらいであれば、“地域経済の活性化施策”あたりの表現が
ふさわしいかな、と思います。
ただ、「施策」と呼ぶか「政策」と呼ぶかはともかくとして、
その目的や目標をはっきりと判りやすく示す必要はあります。

答弁では、それを「市民の雇用の拡大」と答えました。そして、その施策は
経済産業の担当部に限らず、というより、すべての部局の施策において、
地元の雇用にどうつながるかを考えること、これが一番重要だと答えました。
例として、保育所の増設事業や特別養護老人ホームの誘致事業を挙げました。
保育所(100名定員規模)では、1か所50人の新規雇用が生まれます。
特別養護老人ホーム(100名規模)では100人の新規雇用が生まれます。
保育所であれば、20年間期間限定の認可保育所を毎年整備し、この5年で
1200人の入園児が増え、単純計算で600人以上の雇用増、特別養護
老人ホームでは入所者700人の増で、700人の雇用増加につながりました。
文化・芸術振興施策としてのコンベンションホールの整備も、効果はそれに
とどまらないことは言うまでもありません。遊休農地の貸し借りの制度を
去年から始めましたが、新たに農業に就く人や、農業生産法人の参入など
雇用の拡大につながっています。

詳しい内容は、町田市ホームページで「議会中継」(録画)でご覧ください。

2013年06月17日

町田市議会6月定例会 質疑から(1)

6月、町田市議会定例会が開かれています。
市議会では条例案や予算案などの審議の他に「一般質問」と呼ばれる
主に現在や将来の課題についての質疑があります。
この6月定例会での一般質問の中から、私の答弁や考えを紹介します。

今回は、北部丘陵地域の将来をどうするかという問題です。
質問者は、志政クラブ会派O議員。
北部丘陵と呼ばれるのは、町田市北部に位置する谷戸の山林、畑、谷戸田
住宅地からなる約1,000ヘクタールの地域で、上、下の小山田町、小野路町など

【市街化調整区域が大半を占め、大きな住宅開発はありませんでした。
上、小山田町に限って言えば、この地域の将来をどうするのか】
同じ時期に答えを出していかなければならない問題があれこれ有るのですが
以下、順不同で列記します。

1 リニア新幹線工事用のたて坑の場所をどこにするか。
2 町田市の(ビン、缶、ペットボトル等)資源循環施設の立地場所。
3 小田急多摩線延伸線の新駅の立地をどうするか。
4 田中の交差点から西へ、尾根幹線方面へ抜ける生活道路の計画。
5 唐木田方面への生活道路の整備と清住台へ抜ける都市計画道路の整備。
6 合併式浄化槽との振り分けを含めた下水道の整備。
7 営農意欲のある農家の経営の支援。
8 里山、谷戸の自然環境の保全。

これらの答弁の詳細は、町田市ホームページの「議会中継」(録画)でご覧頂けます。

上小山田・北部丘陵 009

2013年06月15日

オリンパスホール八王子見学会

5月末に、八王子駅南口の「サザンスカイタワー」内にある

オリンパスホール八王子の見学会に参加しました。

今回の一連のホール見学会は、これで4か所目です。

このホールは、エグゼクティブプロデューサーとして

西本智美氏を迎えていることでも有名です。

最大2000席以上の大きなホールで、特に舞台の奥行きが

大きく取ってあります。劇場としても、音楽ホールとしても

余裕を持たせた設計で、座席も前後間隔などが大変ゆったりしています。

町田市のコンベンションホールについては、音楽専用でというよりも

劇場機能となる可能性もあり、ここオリンパスホール八王子は

機能を考える時の参考になりそうな施設です。

 

オリンパスホール八王子

 

2013年06月03日