ご挨拶

198-1

町田市長として3期目を務めます。これまでの8年
の間、ご支援をいただいた多くのみなさんに、あら
ためて感謝申し上げます。

新たに負託された4年間は、これまで以上に市民生
活の質の向上に引き続き取り組むと共に、町田市の
発展、とりわけ経済の活性化、市民雇用の拡大など
「街づくり」に重点を置いて施策を展開していきたい
と思っています。

具体的には、まず、多摩都市モノレール導入路線の
道路整備を進めます。モノレールは道路上に整備されるものですが、多摩市の
南野から下小山田町の間は、道路自体がありません。そこで、早急に道路につ
いて都市計画決定をし、その上で道路を建設することになります。

平成26年度は、この道路の都市計画のための準備をします。
また、モノレールについては、国の交通計画の審議会では、整備構想路線に
留まっていますので、整備路線に格上げをしてもらうよう働きかけもしていきます。
整備路線への格上げは、小田急多摩線についても同様で、こちらの鉄道計画
も早期整備を働きかけてゆきます。

幹線道路の整備もまだまだ遅れています。交通渋滞の解消や、バスのスピード
アップのためにも、道路整備は不可欠ですので、整備の遅れを取り戻したいと

思います。

街づくりの課題はまだまだあります。町田駅や鶴川駅の駅前広場の拡張も差し
迫った課題です。駅前広場は、30年くらい前のままの交通機能で、その後の
住宅開発に対応できていません。交通機能の改善・向上は商業・業務機能、
都市の活性化のカギを握っています。用地の確保をはじめ、再開発など駅前
再整備に向け早めに道筋をつけたいと思います。

そのほか、差し迫った課題である「新しい資源化施設の整備」や、公園整備な
ど、町田市を魅力ある都市にするための仕事は山積です。

これからの4年間も、全力で、この町田の発展に力を尽くしていきたいと思います。
引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

2014年3月